美容

ダイソーのミラー付きメイクケースで自作のメイクパレットが作れる!【化粧品の軽量化にも◎】

はじめに

こんにちは!なちえもん(@nanairo_log)です。

2018年に無印良品がメイクパレットを販売しました。

中身のないメイクパレットに、お好みの化粧品をカスタマイズして、自分だけのオリジナルメイクパレットを作ることができるというものです。

こんな風にとってもコンパクトで、使いやすそうですよね。

ただ、デメリットとして、全部揃えようと思うと意外と高くつくことや、今使っている化粧品は不要になってしまうといったことが挙げられます。

そんな中、無印良品の名刺ケースや、CDケースなど他のものを代用して愛用コスメをコンパクトにまとめるDIYをする人が増えてきています。

https://www.instagram.com/p/BzQKIIOgWjZ/?utm_source=ig_web_button_share_sheet

ただ、こちらにもデメリットがあって、本来はコスメケースでないものを使うため、ミラーが付いていないんです。

せっかくコンパクトにまとめられてもミラーを持っていく必要があると、あまり意味がないですよね。

そしたらなんと!ダイソーからミラー付きのメイクパレットが発売されたとか。

今回はダイソーのメイクパレットで、自作メイクパレットを作る方法をご紹介します。

材料と作り方

その商品がこちらです。

ダイソー ミラー付きメイクケース 白 ¥100+税

黒色もあります↓

ダイソー ミラー付きメイクケース 黒 ¥100+税

開けてみるとこんな感じ。

留め具の部分はこんな感じで結構しっかり閉まります。

底面はツルツルしていて、固定する機能はないので、今回はこのマグネットテープを使って化粧品をくっつけていきます。

両面テープなどで完全に固定してしまう方法もありますが、私はその日のメイクに合わせて持ち運ぶものを変えたいので、マグネットにしました。

こちらもダイソーの商品です。

ダイソー マグネットテープ 幅20mm

底面にマグネットテープを貼る

まずはマグネットテープを、底面全体に貼り付けていきます。

マグネットテープ2本と、3本目の幅を少し小さくカットして使います。

こんな感じに。

セットしたいコスメを取り出す

ケースの準備ができたら、セットしたいコスメを取り出していきます。

裏面にシールが貼ってある商品の場合は、大体シールを剥がすとこんな風に穴が出てきます。

そこを爪楊枝などの先の細いもので押すと簡単に取り出せます。

こんな感じに。

コスメの裏にもマグネットを貼る

コスメが取り出せたら、裏面にマグネットシールを貼り付けていきます。

パレットに並べたら完成

パレットに並べたら自作メイクパレットが完成です!

感想

とっても簡単に自分だけのメイクパレットができました。

ただ、こちらにもデメリットはあります。

  1. きっちりハマらず見栄えが悪い場合がある
  2. 品番がわからなくなる

この2つくらいでしょうか。

②に関してはメモや、amazonの欲しいものリストに残しておくことなどでカバーできます。

①に関しては、正直、「実用性」を重視するか、「見栄え」を重視するかだと思います。

私は実用性重視で、パケ買いや、デパコスを買うこともほとんどないので、こちらの方が助かります。

また、普段はインスタ映えするコスメを使ってるけれど、お出かけ先のお直し用にコンパクトサイズのものが欲しいという方にもオススメです。

プチプラコスメを使えば、そんなにお金もかかりません☺️

私は、チークや化粧下地はパウダータイプではないのですが、この際パウダータイプに切り替えるのもありだなと思いました。

ケースの色に関しては、黒の方がマグネットの色と同じでなじみやすいです。

ぜひぜひ試してみてください

よければポチッとお願いします↓

PVアクセスランキング にほんブログ村