美容

脂性肌には固形石鹸での朝晩2回の洗顔がオススメ

はじめに

こんにちは!なちえもん(@nanairo_log)です。

2週間ほど前から、固形石鹸を使っての洗顔をはじめました☺️

それまではずっと液体や泡の洗顔を使っていたのですが、今は完全に固形石鹸のトリコになっています(笑)

ということで今回は、固形石鹸を使ってみた結果と、洗顔に固形石鹸を使うメリットについてご紹介します!

使用した石鹸と使用感、感想

実際に使用した石鹸

私が今使用している固形石鹸は、ズバリこれです!牛乳石鹸の赤箱

「固形石鹸といえばコレ!」というくらい有名なのでご存知の方も多いのではないでしょうか。

私が使用している赤箱とは別に、こちらの青箱もあります。

公式サイトでは、赤箱のみ「洗顔にも使えます」と記載があったので今回は赤箱を選びました。

100gのものを3つ入り約300円で購入。めっちゃ安い。

使用感

私の肌は、脂性肌で頬骨のあたりだけ乾燥しがちです。

固形石鹸を使い始めるまでは、朝は水洗い、夜はクレンジングに加えて、液体や泡の洗顔料で顔を洗っていました。

今回、固形石鹸を使い始めるのを機に、朝も石鹸を使って洗顔することにしました。

正直、値段が安いのであまり期待はしていませんでしたが、とても使い心地が良くてびっくり。

泡だてネットを使ってしっかり泡だてて、優しく肌をクルクルしながら使います。

洗った直後の使用感的には、少し肌がつっぱる感じがします。

それまでに使っていた液体の洗顔では、そういう風に感じたことはありませんでした。

「安いから仕方ないかな」と思ったのですが、そのあと化粧水を使っていつものように保湿をすると、全然気にならなくなりました!

それよりも、洗ったあとのお肌のツルツル感がたまりません!

先ほどのツッパリ感は、脂分が洗い流せているからこそのものだったのかもしれません。

固形石鹸を使ったあとは、小鼻もツルツルになります。

また、朝も固形石鹸でしっかり皮脂汚れを落とすようになって化粧ノリがよくなりました☺️

もう、メリットしかない(笑)

2週間使い続けた感想

もともとTゾーンのテカリが悩みだったのですが、固形石鹸で洗顔をするようになってからましになったような気がします。

朝からしっかり顔の脂分を落としてからメイクをするようになったので、化粧崩れも前ほどしなくなりました☺️

一番効果があったのが、Tゾーンのニキビでした。

皮脂汚れのせいなのか、まゆ上のおでこのところにニキビができやすく、最近はずっとニキビがありました。

それが固形石鹸を使いはじめたこの2週間で綺麗さっぱりなくなりました!!!

脂性肌タイプの人は、皮脂汚れをしっかり落とすことで吹き出物も治るのかもしれません。

固形石鹸の良いところ5つ

ここからは、固形石鹸のメリットについて詳しく解説していきます。

①コスパが良い

今回私が使った牛乳石鹸は、100gで約100円。

結構どこの薬局に行っても販売しています。

固形石鹸の良いところは、少量でもしっかり泡立つところ。

逆に泡立てる手間はありますが、私にとってはそれすらも楽しいです(笑)

今で2週間使っていますが、全然なくなる気配がありません。

②余分な成分が少なく、お肌に優しい

一般的な洗顔料は、石鹸成分に加えて泡立ちをよくしたり、液体にするための余分な成分が含まれています。

そのなかには、あまりお肌に良くない成分も含まれているそう。

それに対して固形石鹸は比較的シンプルな材料でできているため、お肌に優しいです。

また、牛乳石鹸赤箱は洗顔料としてだけでなく、ボディソープの代用として使えるのも嬉しいですね。

③皮脂汚れをしっかり落とせる

固形石鹸はアルカリ性です。

人の肌は弱酸性なので、アルカリ性の石鹸を使うことによって中和しながらお肌の汚れをしっかり落とすことができます。

お肌にアルカリ性の石鹸が残ってしまうのでは?と心配に思われる方がいるかもしれませんが、しっかり流せば中性に戻るようです。

そこから、皮脂や汗が分泌されることにより自然に弱酸性に戻っていきます。

なので、洗い流しさえしっかりすればお肌には問題ないということですね。

ただし、極度の敏感肌や乾燥肌の方には、少し刺激が強すぎることもあるためお肌に合わないなと感じたらすぐに使用をやめましょう。

④小分けにして持ち運びやすい

「液体の方が小分けにしやすくない?」と思われそうですが、違うんです。

実は、固形石鹸はカットすることで小さくして持ち歩くことができるんです。

イメージでいうと、フィルム石鹸みたいな感じ。具体的な方法はこちら。

固形石鹸のカット方法
  1. レンジで500W、30秒温める
  2. 包丁やナイフでカットする

※様子をみて温める時間を調節してください

とっても簡単ですよね。

さらに温めると糸でもカットできます。

フィルム石鹸のようにかなり薄めにカットするのがオススメ

お出かけの時にいくつか袋に入れて持ち歩いていると、外で手を洗う時にも使えます。

旅行の時なんかも、ボディソープと洗顔はこれひとつでオッケーだし、液体石鹸のように容器が必要ないので、帰りは荷物を減らせます。

家で使うだけならカットしないままの大きさの方が使いやすいですが、私は外出や外泊用にこんな風にカットしてケースに入れて保管しています。

フタを開けるととってもいい香りがするので、たまにブログ書きながら匂いかいでます。笑

(この形は使いにくくて、ちょっと失敗しました、、、。)

⑤コレクションが楽しい

固形石鹸は、お茶成分でできているものや、天然由来の自然成分でできているもの、安いものから高いものまでめちゃくちゃ種類が多いです。

それって液体洗顔料もじゃないの?という声が聞こえてきそうですが、液体洗顔料ってボトルに入ってるし、パッケージもそんなにかわいいわけじゃないと思います。

個人的にはあまり集めたくならないし、保管場所も困ります。

それに対して、固形石鹸はカットができるし、カットすれば使いたいものだけ風呂場や洗面所に持っていけばいいのでスペースを取らないんです。

いろんな色の石鹸を集めてカットしたものを入れた容器を並べると、可愛くてめちゃくちゃテンション上がります

それだけで、洗顔が楽しくなります。

楽しく固形石鹸を集めて、毎日の洗顔が楽しみになれば、お肌もきっと綺麗になるはず・・・!

まとめ

市販の激安石鹸が使い心地抜群だったので、固形石鹸の良さをご紹介しました!

これからもしばらくは固形石鹸コレクションをしていくと思うので、また良いものがあれば随時ご紹介しますね☺️

よければポチッとお願いします↓

PVアクセスランキング にほんブログ村